【投資日記】 2023/03/20 銀行破綻をはじめ、UBSによるクレディスイスの買収など投資に関するニュースまとめ

投資日記

本日の投資ニュース

スイスUBSはクレディスイスを30億スイスフラン(約32億ドル)で買収することを発表
クレディ・スイス株 22.48株に対してUBS株1株を割り当てるとのこと。

UBS、クレディ・スイス買収で合意

UPDATE 4-UBS、クレディ・スイス買収で合意 主要中銀も側面支援
スイスの金融大手UBSは、経営不安が強まっていた同業クレディ・スイスを30億スイスフラン(約32億3000万ドル)で買収すると発表した。主要中銀も緊急の流動性供給策などを打ち出して側面支援を行い、市場の動揺の沈静化に向け協調歩調を取った。


「米銀ゴールドマンサックスはクレディ・スイス・グループのティア1債券に対する請求権の取引を開始する」とのこと。
銀行が買収されることが決まり債券価値がゼロになるわけだが、
訴訟を通じて、一定額の請求権を得られる可能性があるとし、現在価値がゼロの債券を売買できるようになる…かもしれないという情報。

ゴールドマン、クレディ・スイスのAT1債請求権売買を近く開始 – 関係者

ゴールドマン、クレディ・スイスのAT1債請求権売買を近く開始-関係者
米銀ゴールドマン・サックス・グループは近く、クレディ・スイス・グループの「その他ティア1債」(AT1債)に対する請求権の取引を開始する。ゴールドマンの顧客が19日遅く、同行からメッセージで通知を受けたと、事情を知る関係者が明らかにした。

銀行破綻による影響で燃料需要の低下が懸念されている。
石油系の株価をウォッチしたいと思います。

原油先物、1年3カ月ぶり安値 銀行不安や米利上げを警戒

原油先物、1年3カ月ぶり安値 銀行不安や米利上げを警戒
原油先物価格は20日の取引で1年3カ月ぶりの水準に下落している。国際的な銀行部門の混乱で景気が後退し、燃料需要が減少するのではないかとの懸念が背景。

シリコンバレーバンクは売却入札が行われたが買い手がつかなかった模様。
既存の事業、資本がどのようになるのか。「買収することが難しい」ことにはなんらか意味がありそう。楽観視せずに様子をみたい。

SVB売却、FDICが事業分割して再入札を計画=関係者

SVB売却、FDICが事業分割して再入札を計画=関係者
米連邦預金保険公社(FDIC)は、経営破綻したシリコンバレー銀行(SVB)の直近の売却入札で買い手が現れなかったことを受け、事業を分割した上で再度買い手を募る方法を視野に入れている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。
プロフィール
この記事を書いた人
あら。

夫婦で経済的自由(FIRE)の達成を目指す20代ITエンジニア投資家
2023年4月時点で総額3,000万円を達成!
次の目標である5,600万円を目指し邁進中。

FIREのための貯蓄×投資×節約×ポイ活に関して学び実践したことを発信していきます。

M.Eng.(工学修士)/3級ファイナンシャル・プランニング技能士(2023年3月)

投資日記
スタジオぶれいば。

コメント